見積もりの注意点

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

見積もりを取る際やはり費用が一番のポイントになるでしょう。できるだけ安く抑えたいという気持ちはわかりますが、やはり映像として意味のあるものでないと作る価値がないのです。コストだけに気を取られていると、出来上がりが満足いかないものになってしまう場合もあります。制作会社に見積もりを依頼するときは、コストだけで判断しないように注意しましょう。

動画作成の中で圧倒的に費用がかかるのが人件費です。関わるスタッフの人数にもよりますが、監督や演者が有名な方に依頼すれば、費用は跳ね上がります。かと言って新人のタレントを使えば費用を抑えられるかといったらそういう訳でもありません。ベテランの役者を使うより出演料は抑えられますが、知名度がないことで動画のPR度は下がるでしょう。また経験が浅い方だと、撮影に時間がかかってしまい、その分機材や場所にかかる費用が膨れることもあります。

削るところと力を入れるところのバランスが見極められる制作会社に依頼することが一番効率的な動画を作成できることでしょう。そのためには制作会社との細かな打ち合わせが大切です。打ち合わせの時間を十分に設けてくれる会社というのも、ひとつのポイントになってくるでしょう。

制作会社の選び方

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

制作会社を選ぶのにも数が多いので大変です。ましてやコストダウンを考えながら質のいい物を作るのであれば、制作会社選びは重要になってきます。まずは見積もりを取るところから始まると思いますが、やはり一社だけでは費用の比較ができません。簡単に動画制作の相場を知る方法として、制作会社の一括見積もりができるインターネット上のサービスがあります。これを利用すると、登録された制作会社から自分の制作したいものに適した会社を紹介してもらえます。また複数の会社に見積もりをとることで、大体の相場が見えてくるでしょう。相談だけなら無料で行ってくれるところもありますし、なにより会社選びにあまり時間と手間をかけることがありません。

動画を作る際、目的は明確にしておかなければいけません。ただ作るだけではなく、マーケティングとして意味のあるものにしなければ作る必要がなくなってしまいます。ターゲットを絞ったり、動画の意図を確実に伝えるための工夫をしなければ、視聴者に伝わらないこともあります。こちらの思い描くものを形にするためには、制作会社との意思疎通が図れるということがとても重要です。また市場への理解があり、ターゲット層も見極められ、伝えるための工夫を提案してくれる会社を選ぶことがポイントになってきます。

◆参考HP◆ムビラボ:PR動画制作依頼

動画制作を依頼するには

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

企業や商品、サービスなどをPRする際、PR動画を作りたいと検討したことはないでしょうか。しかし素人には動画制作は難しいですよね。そんな時は動画制作会社に依頼してみてはいかがでしょう。

プロに作ってもらうものはマーケティングの面からしても効果的だと思います。しかし自分たちで作るのに比べてやはりお金はかかります。まず制作会社に依頼する前に、相場を抑えておきましょう。削れるところは削ってコストダウンをはかることも、動画制作において大事なことです。では制作会社に依頼するとどんなことにお金がかかるのか説明しましょう。

まずは動画の内容やコンセプトの企画提案やそれに関連するものに費用がかかります。企画提案から制作までを依頼する場合費用が安くなる会社も中にはあります。それから人件費です。実際の撮影に当たり、演出家や監督、演者、カメラマンの他、撮影の規模が大きければ照明、音声、大道具、スタイリストなど関連するスタッフが増えて人件費が増します。そのすべてが必要かを見定めるのも大事です。そして撮影が始まるとかかってくる費用は、撮影に必要な機材費です。カメラや照明などですね。それに付随してテープやフィルムも必要です。それから場所代がかかります。外で撮影を行う場合は借りる場所によって費用がかかり、スタジオ撮影でもスタジオ代が要ります。そして編集して完成に至るまでと、それを納品するためデータ化するまでにも費用がかかります。

このようなことを考慮して会社に依頼する場合何を基準にしたらいいか、ここからみていきましょう。